カテゴリ:本のこと( 11 )
麒麟の翼 -- 東野圭吾--
麒麟の翼
加賀刑事シリーズ最高傑作という帯付き。

最高傑作かどうかはちょっとだけ疑問。加賀刑事は、事件自体は複雑ではないが、がいかに人々の心に寝るいろいろな感情を解き放つことに重点のを置いているので、おおむね納得ではありますが、なんにしてもちょっと唐突な感じが否めない。突然、中学校の水難事故にたどりつくのは早すぎないか???と疑問感じてしまいました。何の推理もできずに、唐突に結末が語られるって。

私が彼を殺したや悪意などに比べると、ミステリーとしての完成度ははるかに低いと感じました。

白銀ジャックもそうですが、最近がっかりしてしまう確率が高いような気が。どうなんだろう。
[PR]
by hishi1224 | 2011-04-12 22:17 | 本のこと
e0041400_18154289.jpg

本日購入
東野圭吾の゛これが最後のご挨拶゛で彼が、読者の本の購入に関してコメントしていた。図書館で本を借りるというのももちろんいいことだが、読みたい本が出版されるためには出版社の文芸部が存続し続けなければ、作家が本を発表することは不可能である。できれば本を買ってほしいと言っていた。

昨今の少年漫画の週刊誌などの廃刊のようになったら、困ります。私は、好きな作家に、本を書き続けてほしいし、新しい本、昔の懐かしい本に出会い続けたいと思います。

だから、幸いにも1ヶ月に何冊が本を変えるだけの給料をもらえる仕事をしているので、買えるときに買っておこうと思う。
[PR]
by hishi1224 | 2008-07-29 18:15 | 本のこと
手紙 -東野圭吾-
Excite エキサイト : 芸能ニュース

玉山鉄二じゃ、兄ちゃん、美しすぎるよ・・・・・

って、気になるコメントが。。。”漫才初挑戦”。。。。ん!?つまり、バンドが漫才になったのか?

でも、とっても考えさせられる、静かでいて重く暖かい物語なので、どんな風になるのか、楽しみです。
[PR]
by hishi1224 | 2006-04-26 08:57 | 本のこと
東京タワー 
やっと読みました。
旅の途中で読む本を探していて適度に量があって、やさしくなれる本と思い、これと、恩田陸のライオンハートを選びました。

電車では読んではいけませんねぇ。下関から広島に向かう途中でクライマックスを迎えたのですが、涙と鼻水が止まらずに、かなり恥ずかしい思いをしました。

オカンを愛するリリーさんの素朴で素直な気持ちが、ストレートに文章に表れていて、かなりやられてしまうのです。
リリーさんがオカンと一緒に東京に住み始めたころのちょっとした戸惑いと、オカンの死が近づいてとうとうそのときを迎えたときのリリーさんの寂しさが、心にしみて、汗かいちまった感じです。

最初のほうを読んでいるころに、実際に母親から、「げんきですかたまにわでんわください」というひらがなだけの、メールが偶然入っていたのです。そういえば、正月明けに帰ったきり、帰るどころか電話もしていない。福岡と東京どころの距離ではなく、東京と埼玉の極近にもかかわらず。

オカンにでんわかぁと、リリーさんになりきったつもりで阿蘇山のふもとで電話をしてみましたが、娘と母親の関係というのは息子のそれとはだいぶ違うもので、話の途中で「元気ならいいのよ」と30秒で電話を切り上げられてしまって、一気に現実に引き戻されました。私のそれは、リリーさんとオカンのそれとはまったく違うことを思い出しました。

話はそれますが、大泉洋がりりーさんをやるそうです。洋くん、大丈夫か。
[PR]
by hishi1224 | 2006-04-10 17:19 | 本のこと
白夜行 (カテゴリはすでに本ではない気がするが)
文句を言っているだけではいけないので、見ましたよ、第1回目。
だいぶ、その幼少時代に時間を割いていましたが、やはり、納得はいきません。

まず、まず、最初にくる場面がそれでいいのか?
結局、こうなるにいたった背景を見せていくのか?
この描かれ方は絶対にしてほしくなかったのに。

雪穂は涙も関心もも亮司に見せることはありません。視線一つ、なげることには、やはり抵抗を感じてしまいます。

”あっちへいけ”というのは、このドラマによると、雪穂が幼いころに駅のホームで、雪穂にされたことと同じことを今度は、お前がということでしょう。

人物像がなんとなく、ずれているような。。。。
自分描いている人物像とすべてがかけ離れている気がする。
武田鉄八の笹垣なって、あんた、だれよってほどだし、
雪穂の母親があんな飲んだくれだなんて、
亮司はなんとなく、事件をきっかけに変わったみたいなかかれかただし。
ただ、雪穂はそのままですね。彼女らしい。でも、雪穂も一緒に死ぬつもりだったということに関しては反対を唱えます。


白夜行みたいな小説は、ほんとうに、思い入れの強い、自分独自の解釈でこの本を受け入れた熱狂的なファンが多いので、ドラマに対して、批判的な意見が寄せられることもしょうがないことだとは思うのですが。

一応最後まで見ようと思います。

毎回つっこむことにします。
[PR]
by hishi1224 | 2006-01-16 10:57 | 本のこと
白夜行

そもそもこのドラマは視聴者はどんな人をターゲットにしているのでしょうか。
この本のすばらしいところは、どこにも2人の接点は直接には描かれません。
まさに、表に文字で表された物語の進行の行間にある2人の心の動きを接点を自分で見つけて、感じていくことができるということが、他の物語にはないぶぶんなのに。

本の説明が、これでは、興味が半減です。
************************************
同作は、東野圭吾氏の大ヒット同名ミステリーのドラマ化で、
幼いころに初恋の少女を助けるため自分の父親を殺した青
年(山田)と、青年をかばうために自分の母親に手をかけた
少女(綾瀬)のラブストーリー。
************************************

だれとでしょうか、そんなシーンを出すなんて。
***********************************
綾瀬は、キスシーンやベッドシーンなどに挑戦
***********************************

この2人は絶対に出会ってはいけないのに、1話からですか?
***********************************
1話でいきなり山田と濃厚なラブシーン
***********************************
たしかに、亮二のせりふの中で、それをにおわす場面はあっても、
ただの1度も2人が同じ空間に存在することは絶対ないのに、1話からなんて。

CMでみた、亮二の死ぬシーンで、雪穂に手を伸ばしますが、そんなことは亮二はしません。どちらかといえば、それは、幻夜の雅也です。
ごっちゃにして、どうするんだよ。
[PR]
by hishi1224 | 2006-01-11 14:26 | 本のこと
ダヴィンチ・コード
やっと、ダヴィンチ・コードを読みました。買う時期をのがし、図書館の順番待ちもついつい忘れて借りられず、途方にくれていたら前の席の同僚が、「え?持ってるよ」とおもむろに机の中から取り出した。

一度すべて読んでみました。一度ではわからないので、もう一度読んでみようと思いますが、よくわからないことがいっぱいあるのです。

・シオン修道会・・・いい人たちなの?
・十字軍・・・聖杯をゆすりの材料にしたの?
・オプス・デイ・・・どっちの立場の人なの?

と、よくわからないので、もう少し、調べながら読まないといけないとは思うのですが。

さて、さらに残念なのは、私、この本をよむ直前までロンドンにいたのです。
ナショナルギャラリーで岩窟の聖母を堪能してきたし、8ポンド払ってWestminster寺院で感動してきたんです。行く前に読んでおけば、もっと違う面も見られたのかと思うと、少し残念です。
[PR]
by hishi1224 | 2005-12-19 09:09 | 本のこと
実写版 白夜光だって
Excite エキサイト : 芸能ニュース

山田孝之と綾瀬はるかで実写ばんをテレビドラマでやるそうな。

これ、かなり好きな本です。何度も何度も読み返しました。
山田孝之は亮のイメージなんとなくもてます。汚い仕事をやってのけてる姿もちゃんと想像できます。
雪穂のイメージは、まず、美しくなければなりません。優雅に微笑む姿とその中に潜むかすかな残酷さをわかるかわからないかの程度で醸し出さなくてはなりません。
綾瀬はるかにはそれは難しい気がするのです。
じゃあ、だれがいいかというと。その世代では、他にいないのですよねぇ。
美しさだけでいうのなら、香椎由宇かなぁ。
演技力で行ったら、断然、宮沢りえなんだが。

手っ取り早く、セカチュウコンビではなく、電車男コンビでいかがだろうか。

亮と雪穂の接点は絶対に描かれてはいけないとおもうのですが、実写もそうなるのでしょうか。安易にメロドラマにはしないでほしいのですがね。

楽しみだ。
[PR]
by hishi1224 | 2005-11-04 14:27 | 本のこと
なつのひかり -江國 香織-
実家に帰ったついでに、本をあさって何冊かもって帰ってきた。その中の1冊。

自分が当時なぜこの本を買ったのかが思い出せない。

江國さんの本は何冊か読んでいるが、この人の独特の文章構成をいまだに理解できていない。

でも、みんなが”それ”をそれぞれ見つけるために、奔走し、自分ではどうしようもないことに翻弄される人間の性というやつを目の前に出されたときに、私は結構途方にくれてしまった。

よいか悪いかわからない本です。賛否両論だなぁと思います。
[PR]
by hishi1224 | 2005-09-27 15:40 | 本のこと
写真集
こんどはどこに行こうか。。。。
e0041400_224378.jpg

[PR]
by hishi1224 | 2005-08-17 22:05 | 本のこと
  

何でも、好きなことについてつらつらと書いてみる
by hishi1224
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログのこと
負け犬だしぃ~とそれを理由に逆に楽しく充実した、自分だけのための時間をすごしています。

けっこう、楽で有意義な人生。
きっと、これでいいのだ。
最新のトラックバック
青春18きっぷサイト
from 青春18きっぷのサイト集情報
夜行バス 人吉
from 夜行バス 四国ザ綵・
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
チューボーですよ
from チューボーですよ
東野圭吾【手紙】
from ぱんどら日記
専用ソフト付き為替FXシ..
from 為替FXシステムトレードで資..
株の知恵をご紹介します。
from 株の知恵
横浜の物件の評価額はゥ
from 不動産売却
森永のおいしい牛乳「秋の..
from はがきによる懸賞情報
おそい。おそすぎるばい
from さしより
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧